×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

月経前症候群(PMS)とは?

月経前症候群(PMS)だという友人に、「月経前症候群って名前はたいそうだけど、生理の前に体調が悪くなったりするのは、女性なら誰でもよくあることだから、別に治療する必要があるわけでもないし、そんなに気にしなくたっていいんじゃないの?それに、月経前症候群って、別に病気とかじゃないんじゃないの?」と言ったんんですけど、でももしかしたら病気なのかなって急に心配になっちゃって、月経前症候群のことをいろいろ調べてみたら、大方は私の意見で合ってました。病院で月経前症候群だと判定されるのは、後で触れておきますが月経前症候群に属する症状のうち、同じ症状が周期的に現れて、その症状の現れる時期が、生理前の2週間(これを黄体期というのだそうです)で、その症状がもたらす日常生活への影響の度合い、重さによって、月経前症候群(PMS)と判定されるのだそうです。月経前症候群の症状はものすごく多いので、月経前症候群なのかどうかわかりにくいときもあるのですが、その症状によっては、また、よくある症状でも、重い場合は治療が必要のようです。

スポンサード リンク

他の病気が月経前症候群の陰に隠れている場合もある

というか、他の病気が月経前症候群の陰に隠れている場合もあるみたいですから、注意して早めに病院に行って診てもらい、場合によっては薬をもらうなど治療することが必要のようです。最近は、月経前症候群なんて、サプリメント飲んでれば大丈夫、とか、ちょっと症状が重くなっても、サプリメントで治しちゃおう、なんて人も少なくないようだけど、月経前症候群であっても、ちゃんと婦人科で診てもらって、薬を処方してもらいましょうね。母に聞いたら、昔は「月経前症候群でわざわざ病院に行くなんて」、という考えが蔓延してたみたいですけど、今は診てもらうのがあたりまえですね。治療には、鎮痛剤をはじめ、気分を良くする薬や利尿剤を出されることが多いそうです。また、低用量ピルやアロマセラピーなど使うお医者さんもいるそうですよ。ピルなどの薬が怖いから、サプリメントで済ましているという人も、今は普通の医者でも、漢方薬で処方してくれたりやアロマセラピーを利用してくれる病院もあるようだから、近所に無いか探してみるといいですね。

月経前症候群の代表的な症状とは

月経前症候群でよくある症状と言うのは具体的どんなのがあるのでしょうか?まず精神的には、イライラしたり、他人に攻撃的になったり怒りやすくなったり。その反対に憂鬱になって無気力になったりといった、いわゆる情緒不安定になりがちですね。体の症状では、下腹部痛、下腹部膨満感、便秘、下痢、食欲不振、吐き気、腰痛、むくみ、疲労感、乳房痛、乳房の張り、頭痛、めまい、喉の渇き、肩こり、手や足の冷え、肌荒れ、ニキビ。これらは代表的な月経前症候群の症状で、まだ他にもあるそうですから生理が来る2週間くらい前からいつもとちょっと違うな、なんか嫌な感じだなと思ったら治療が必要かも知れないですから婦人科の病院で診てもらって下さいね。これらの月経前症候群の症状は生理が始まると共に消失するのが普通なので生理が始まっても治らないようだったらやはり病院に行ったほうが良いでしょう。月経前症候群の原因はまだ解明されていないようなのですがホルモンバランスの変化によってこれらのような症状が出るとか、子宮に血液がたくさん集まることからうっ血状態になりそのために引き起こされるという説もあるそうです。

Copyright © 2008 月経前症候群 (PMS)